腸閉塞を予防しよう|原因と治療方法を知る

看護師

腸の詰まり

ドクター

腸に運ばれた食べ物が詰まることが、腸閉塞の原因です。生命を守るためには、詰まった食べ物を吸引するという治療を、早めに受けることが大事です。また腸閉塞は、消化に良い食べ物を食べたり、便秘に気をつけたりすることで、予防できます。さらに腸の洗浄を受ければ、腸閉塞に加えて体臭やむくみも防ぎやすくなります。

詳細を読む

腸の内容物が詰まる疾患

先生

腸の内容物が何らかの原因で詰まり、激しい腹痛や吐き気、嘔吐といった症状を引き起こす疾患を「腸閉塞」と言います。内科で腸閉塞の診断を受けた場合、絶飲食の指示が必ず出ます。そして症状が軽度の場合はイレウス管の挿入による経過観察による治療、症状が重度の場合は開腹手術での治療が選択されるのが一般的です。

詳細を読む

イレウスの原因診断と治療

病院

イレウスの原因

イレウスとは聞きなれない言葉でしょうが、イレウスとは腸閉塞のことで、経口摂取した食べ物が小腸や大腸の腸内で滞った状態や何らかの原因により閉塞部分が出来てしまうことがあります。この状態を腸閉塞と言い、医療業界の専門用語でイレウスと言います。この症状は、時間の経過とともにお腹が張ってきて腹痛を伴います。直腸の方に進むことのない内容物が口の方へと逆流し、嘔吐の症状が出ることがあります。腸捻転から腸閉塞を引き起こすような外部からの要因と腸内に停滞した何らかの内部原因とがあり、CTやエコーなどの検査により原因を追究し、その結果を踏まえて手術で閉塞部分を取り除きます。腸閉塞の主な原因として、腸捻転や便秘がありますが、中には大腸癌により腸閉塞となる場合や他臓器で発症した癌の大腸転移としてなることもあります。

イレウスの診断と治療

イレウスの疑いは医療機関に行くとその症状等から医師が予測し、レントゲンやCT、中音波などにより診断を下すでしょう。診断の結果から想定される原因を伝え、手術を行うでしょう。便秘や腸捻転などの原因で腸閉塞となった場合、閉塞部分の原因を解消して回復部分を縫合するという比較的簡単な手術で済みますが、万が一癌が原因で腸閉塞を起こしている場合は、その状況に応じて手術方法が異なります。大腸癌切除や大腸や直腸そのものを切除するケースもあり、人工肛門の手術などが行われる場合があります。その後、癌の進行度が高かった場合、化学療法や放射線治療と混合した治療が行われることもあります。手術により癒着がしやすくなるため、再発することがありますので、術後の便秘には一層の注意が必要です。

胃腸のトラブルを改善

ナース

腸閉塞は腸が捻れたり、腸内に内容物が詰まり、腸の動きが抑制されるなどで痛みや満腹感などを招きやすくなります。胃腸トラブルとして女性に注目されており、腸内環境を整えて健康美を意識できる予防法や対策、治療などが支障されています。

詳細を読む

関連サイトを見る

  • 彩の国東大宮メディカルセンター

    あらゆる世代の人がかかる鼠径ヘルニアは手術で良くなります。こちらでは、効果的な治療で、痛みの症状を改善してくれると評判になっています。
  • 行徳アフター5クリニック

    緊急時にいつでも利用できるので安心です。浦安の夜間診療クリニックはこちらで紹介されているので自宅に近い病院を受診しましょう。